スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    花酔いから覚める頃

    tomato fiolentino の図。君ら、おっきくなったらさぞ迫力あるだろうねぇ…。

    fiorentino 0518

    芍薬の販売が終わって気分的には一段落着いたところなんですが、実際には夏野菜の仕事がごっそり溜まっていて、これからのことを考えると目に涙が浮かびます。

    涙・涙・ときどき薄ら笑い(by町田康

    コメント

    No title

    待ち遠しいわ。

    No title

    芍薬の販売、ご苦労さまでしたm(__)m

    そして、今年も母や義母に素晴らしい花束を贈ることができました。
    義母から、「農家さんのどれだけのご苦労があって出来たお花かと思うと
    頭が下がる思いなのよ。」と先日言われ、本当にその通りだとつくづく思います。
    もの作りってご苦労の上に成り立っているんですよね。
    今年も本当にありがとうございました。

    行くたびに、サービスでくださる芍薬にもたくさん元気をもらいました^^

    次は夏野菜ですね!トマト、楽しみです^^

    Re: No title

    ayakoさん、こんにちは。

    お待たせして申し訳ない。もうすぐですよー!と言えないのが心苦しいです…。

    Re: No title

    海さん、こんにちわ。

    何度も足をお運びいただき、ありがとうございました。
    お喜び頂けて何よりです。

    来年もいい花咲かせます!

    No title

     これは例のビニールバックでの栽培のトマトですか?
     ニンニクみたいでおもしろい形ですねー(笑)

    Re: No title

    ヤマキチさん、こんにちわ。

    そうそう、少量土壌培地での栽培です。
    固定種なので芯どまりが多いだろうな…と思っていたら半数の芯が止まりました。そして異常果多すぎ。育ていて思わず笑っちゃいました。

    コメントの投稿

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。