スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    獣がれ


    某書より抜粋。


    そうさ。酒なんて本当はそんなもんだよ。工業生産するようなモンでもねぇ。町のオヤジが作って軒先で売る程度のモンなんだ。どぶろくってのは、地域の人を楽しませる程度の役割で十分だ。

    でも、だからこそ、こんないい加減な酒でもちゃんと文化として根ざしてんのさ。




    悔しい。すんごく。

    引用した文の趣旨が、自分の口から生み出されなかったことが。

    もう (;△;) ウロコがボロっボロ。

    うちの野菜も、芍薬も、こんな風でありたい。

    こんな風でありたい。

    こんな風でありたい。

    念のために3度言ってみた。

    どぶろく的な花がいい。野菜がいい。あんたと俺との間柄の花であり、野菜だ。

    極々小さな領域の、極々限られた人のために作るのだ。

    私は嫌である。断固拒否する。関わりたくないのである。差別化だの、付加価値だの、クっソ下らないこと申し立てる輩とは。

    コメント

    コメントの投稿

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。