スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    守ってあげたい


    白菜だよー。な図

    オレンジクイン


    ええっと、白菜です。写真を撮ったのがずいぶん前なので、現在はもう少し皆さんがよく見かける白菜の形に近づいております。結球する前の白菜って、ベタッと、こうなんというか、扇風機のプロペラ仕様な葉の展開をするんです。この時期にどれだけ大きく外葉を作るかで、その後の白菜の大きさが決まってきますね。

    ところで、この白菜は『オレンジクイン』という品種で、私にとっては今季が初の試作品種になります。

    私 『白菜のオレンジクインって、知ってる?』

    父 『あぁ、昔に作ったよ。』

    私 『へぇ。どうだった?』

    父 『中が黄色じゃなくてオレンジ色をしている。』

    私 『いや、それは知ってるよ。美味しかった?』

    父 『・・・俺、そーゆーのわかんないからなぁ。でもまぁ、白菜の味がしたと思うよ。』


    ふ、ふ~ん。(- _ - #) 白菜の味ね。

    ・・・だめだ。この人に聞いても。



    そういえば、前回の夏の直売の時にも、品出しの時に、父にジャガイモの陳列を頼んだのだが、複数ある品種の違いをお客様から尋ねられて、

    「困ったなぁ。どれもジャガイモの味はすると思うんですけどねぇ。」と、本当に困った顔をしながら、シンプルにも程がある意見を述べ、お客様の失笑を得ていた。

    私はその時、軽くめまいがしたものです。

    でも、まぁ、悪気はないんです。皆様、大目に見てあげてください。


    私が不服そうな顔をしているのを見て取ったのか、彼は次のように付け加えた。満面の笑みで、もう一つ有力な情報を握っているとでもいう風に。

    父 『あ、でもな、パッと見の外見が普通の白菜と一緒だから、収穫の時に普通の白菜と交っちゃってな、売った後でお客から、買った白菜の中がオレンジ色をしてて、食べて大丈夫なのかわからなかったから食べなかった、っていう苦情が来たよ。あははは。』

    ・・・・オレンジクイン。

    かわいそうに。不憫なやつ。私が守ってやらねば・・・。

    父にこれ以上尋ねるのを諦め、知人のⅠ氏に聞いてみることにした。

    と、こんな回答を得た。



    『 オレンジクインはうちの白菜の筆頭です。柔らかく、甘み強く、みんなオレンジクインばっかり買っていきます。白菜の水気だけで食べる鍋の時の色合いの良さったら!』

    うん。こんなのを待ってたんだ。ありがとうⅠ氏。

    水気を切った豆腐をつぶして、小エビやらホタテさんを加えて、包んで蒸そう。きっと、綺麗においしくできそうな予感。酢醤油に金柑の皮を擂り下ろして食べよう。楽しみ楽しみ。


    アボカド イエローウィン



    写真の百合はアボカドとイエローウィン。至花日数はイエローウィンの方が短いはずなんだけど、アボカドの蕾に極薄らと色が乗り出しました。ひぃーー^^;

    アボカド10月30 

    コメント

    コメントの投稿

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。