スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    浸してよ、ほうれん草


    3年前の衝撃。

    お浸し  

    何気なく料理の本をめくっていた。

    ほうれん草のおひたしの項で目を止めた。

    はは、なんでお浸しなんか載ってんだろ。茹でて鰹節とオショーユだけじゃんね。アホかこの本。載せるまでもないじゃん。


    お浸し2     お浸し4


    違ったーーー!!!20数年間違って生きてきたーーーー!!(TーT*) 

    お浸しですものね!浸してナンボなんですよね。浸しもしないでバカ呼ばわりした私が悪かった!!心の底からごめんなさい。



    というのが3年前。えぇ、今じゃもう、浸してますよ。日本ホウレンソウ12月12_NEW

    お浸しですもの。浸してナンボ。 浸しもしないお浸しなんて、そんな馬鹿なこと。

    ・・・私が作る時はですけどね。母は未だに鰹節とオショーユのものを「お浸し」と言って供してくれます。


    写真は東洋種、日本ホウレンソウ。ほうれん草独特と思われがちなあの「土臭さ」がソフトです。いくらか肥培管理も関係しますが、あれは西洋種独特のものなのですよ。東洋種のほうれん草は奥ゆかしく、ほんのりと、です。

    葉色が濃く出る西洋種と比べ、東洋種のものは葉の色が薄く、また軸も細っそりとしていて、洋種っ気の強いほうれん草品種を隣に並べておくと、置いてけぼりにされてしまうこともありますが、滑らかで舌触りのよい、「お浸し」向けのホウレンソウです。 絹をなぞる様な舌触りなんですよ。

    反対にバターでソテとか、クタクタになるまで火を通す調理にはあんまり向かない。それには軸のしっかりとした葉の厚い洋種のホウレンソウの方がいい。

    秋に種を播く作型のホウレンソウでは、一日の種まきの遅れが後々の収穫で2~3週間ずれ込む、あるいは春まで小さいままということもあるので、段階を追って種まきを行うため、どーしても味の載らない時期のものもできてしまうのだけれども、ここのところの寒さで味わいも載ってまいりました。


    根っ子のピンクの色合いも濃く、咲きだしそうな花の蕾を思わせます。そろそろ、美味しいですよと言って売れるかな。繊細さの光るほうれん草と思います。

    日本ホウレンソウ、どうぞ浸してあげて下さいな。 浸してみた

    コンブとカツオでお出汁をとって、と・・・。あぁ、メンドクサイ・・・。

    でも、あんな釈注があるってことは、オショーユと鰹節を「お浸し」と思っている人も少なくはないってことだよね・・・。

    コメント

    コメントの投稿

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。