スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    時間、トロリ

    あーぁ。ポタージュの色の写真映りが非常に悪くて残念。な、図。
    ほんとはもっと明るい色だったんだけどなぁ…。

    なめらかスープ  カボチャ バターナッツ

    もう割と馴染みの野菜になりましたね。カボチャはバターナッツです。

    しっとり滑らかな果肉とふくよかな芳香、優しい甘み。バターナッツという品種名にもうなずけます。今日は涼しかったので久々にスープ作り。

    玉ねぎのスライスとパンチェッタ(なければベーコン)の細切りをバターでじっくり炒めて、スライスしたバターナッツを入れて再度炒める。炒めるというか鍋にくっつかない程度に放っておいて、たまーにかき混ぜる。カボチャが崩れてきたらチキンブイヨンを加え煮立たせてアクをとり、15分程度コトコト加熱。ミキサーにかけて撹拌。牛乳を加えて15分程度またコトコト煮詰め、生クリームを加えてひと煮立ち。

    生クリームでお絵かきをしてセルフィーユを散らして完成。

    ・・・うん、至ってふつーのレシピね。解説いらんな。

    バターナッツはいったんオーブンでローストしておいたものを用いてもいい。そっちの方が香りも甘みもリッチ。でも今回は略。これでも十分美味しい。誰かに振舞う時にはそうしたいけど。スープ作りって時間がゆっくり流れる感じで好きだ。炒めものとかのように短時間で一気に勝負!という料理は気分的にはちょっと疲れる。たまにちょいちょい手を返して、時間だけかけてあげるだけで美味しくなる辺りがいい。こんなに手を休ませてるのに美味しくなっちゃっていいのかしらん、と思う。玉ねぎを飴色になるまで炒めてるのが好きというのと同じ感覚。

    でもまぁ、そんなにゆっくり時間がとれることってないんだけど;;

    それにしても、あまーいスープである。バターナッツ自体甘いのだけど、それにもまして玉ねぎがひじょーに甘い。今季も美味しく出来ていて満足。違いの分かりやすい品質だと思う。スタンダードな野菜こそ美味しく作りたい。だから、玉ねぎが非常に美味しい!と褒めちぎられた今日はルンルンである。汎用性の高い野菜が美味しいと料理自体の底上げになるものね。



    あ、よかった。あったあった。
    一つ下さいな

    コメント

    コメントの投稿

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。