スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    芍薬販売における免責事項 

    季聞屋は「アクセスのない直売所」を標榜している。理由としては先のリンクの通りである。

    前エントリで地図を設けたのは例外的なことで、顔なじみのお客様でも芍薬畑をご存じない方が割と多いこと、午前・午後とで販売場所が変わること等から、説明が煩雑になるためである。

    だが、芍薬という花がマイナーなためか、困ったことにネットで検索すると割合上位の方で季聞屋がおめおめと引きずり出されることがある。なんというか、うっかりヘマをしでかした所に図らずもフォーカスを当てられたような心地で居たたまれない。靴下を履こうとして前転びになりそうな瞬間を捉えました!的な…。 m(*T▽T*)m オ、オユルシヲ・ 

    遥々遠方よりお越し頂いたりするようなことがあっては、返って申し訳ないのです。家族経営のごくごく小規模な零細農家ゆえ、それ相応の対応が恥ずかしながら出来ないです。とりわけ、この時期は 野菜つくりの仕込みと、花売りとを同時進行させねばならず、メールでのお問い合わせ等々の事務作業にはどうしても手が回りません。何卒ご容赦のほど。
    スポンサーサイト

    芍薬切り花直売 2013


    は、早過ぎではありませぬか!? Σヽ(´Д`ヽ  

    2013-04-19 08.16.07  

    芍薬 『 シザレア 』

     
    2013 季聞屋 芍薬切り花直売

    4月22日~5月8日



    販売場所につきましては下記地図をご参照ください。

    なお、販売は午前、午後の2部制を取っております。時間帯により販売場所が異なりますのでご留意くださいませ。


    午前の販売 : 地図上で赤の印。 芍薬を栽培している畑での販売です。AM8:30~10:30

    午後の販売 : 地図上で青の印。 芍薬以外の小花を栽培している畑での販売です。 PM2:30~6:00まで



    より大きな地図で 芍薬の直売所へのアクセス を表示

    芍薬の販売期間は天候にもよりますが4月22日~5月8日頃までを見込んでおります。一つの品種につき、採花の期間はおおよそ3~4日です。足をお運びいただく毎に、異なる顔触れの芍薬をお楽しみいただけると思います。


    昨日、今日と寒い日に逆戻りですが、3月・4月の気温がかなーり高く推移したため、例年よりも早めのスタートとなります。

    ここ数年は5月に入ってからの開始でしたので、野菜の仕事との兼ね合いもあり、もうテンヤワンヤ ...(-ω-`;)ゞ.
    湘南紅

    取り急ぎ、ご連絡まで。

    焔立つ


    今年もやります ヽ( ´ ▽ ` )ノ

    芍薬イロイロ
     

    注:昨年度の写真です。まだ咲いてません


    当園のシャクヤクは父の代より始めたものである。彼が始めて、もう30数年になるだろうか。 よく続けてくれたものである。
    そして、また今年も、どうやらこの花を目にすることが出来そうである。

    2013-04-13 06.23.15 

     
    幼いころから馴染んだ花だが、『仕事』としてこの花に携わるようになって6年。彼の捧げてきた月日の1/ 5にも満たないが、この花の性質や扱いについては、もうそろそろ身に染みたころである。

    時折、『私だったら、この花を作ることを選んだろうか』と、自身に問う。

    選ばなかったろう。

    いや、選べなかったろう。

    シャクヤクは予てより、『お高い』花である。これは至ってシンプルなことで、『市場に出回る供給量より、需要の方が大きい』という小学校の社会科で習うような、わかり易い価格の成り立ちをしている。

    (`(エ)´)ノ なら農家どもは沢山作れ
    (`(エ)´)ノ そうすりゃ価格も小慣れてバランスのとれた値段になるのに 
    (`(エ)´)ノ  社会に貢献しろ

    と、そう簡単に事は運ばない。そもそも、供給量が少ないことにはそれ相応の理由があるのだが、そんなことは花を見る方にとってはどうでもよい些末なことのため、ここでは伏せることにする。


    だが、彼の選択は、まこと彼らしい選択であった。この選択の中に、彼の人となりを見るような気がしている。

    2013-04-14 19.13.04 2013-04-14 19.12.41

    私は授かったのだ。この花を。望んでも手の届かなかったであろう花を、この手に。 芍薬は私にとって、多くの示唆を包んだ啓示的意味合いの花である。

    想い重ねてきた期間の長さに比べ、咲いて散ってしまうことの軽やかさ。この刹那に身の毛総立つほどの歓喜をもって迎える。

    巡り来る季節に感謝。さんざめき、そのあらん限りを謳え


    販売開始日については、また近日中に。今年は始まりが例年よりも随分早くなりそうです…。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。