スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ヘロヘロ派

    農家の友人が某メディアの取材を受けた時に、インタビュアーから「あなたの野菜の『こだわり』は何ですか?」と、尋ねられ、答えに困ったという。 優しい、いいヤツである。

    で、もし同じ質問を受けたら、季聞屋だったら何て言う?と聞かれた。

    私 『ないよ、なんにも。ないない。全くない。その質問ばかばかしい。』

    友人 『・・・だよねぇ。ないよねー。ほんとないよ。』
     
    いいんだよ、I君。君は正しい。むしろこだわりなんて作っちゃいけないんだって。


    農産物にまつわる『こだわり』とは、かなりの確率で安っぽい『偏屈』に過ぎない。

    その『こだわり』とやらが使われる時には、大概、栽培方法(農薬・肥料も含め)うんぬんが絡むのだが、相手が知らないことをいいことに、小手先の技術をひけらかしている場合が多く、「一概にそうとは言えない」「その栽培方法だからこそというわけではない」と、農家であれば突っ込みたくなる要素が多々ある。 人を食ったような表現で私は嫌いだ。

    そもそも買い手に「こだわりの」と感じられていいものか。それは、使い手と野菜との間に距離を置いてしまうことじゃないか。

    こだわりの野菜です。だから、有難がって食えよ、おらぁ、みたいなニュアンスが kodawari には含まれてませんか。

    私は、その素材が使う人に馴染み、チャーリーブラウンのブラウンケットのごとく、ボロボロになっても捨てられないくらい肌身に近い愛着をもって使ってもらえた方が嬉しい。

    で、それは決して『こだわり』という言葉では表現されない。

    多いですけどね。こだわり野菜。ブランド野菜。ご苦労ですこと。えぇ・・・。
     
    うちはあれだ、ヘロヘロ野菜とかクタクタ野菜とか、お下がり野菜でいい。


     
    2012-10-23 21.イリュージョン[1]  2012-10-23 オレンジキャンパス[1]
    2012-10-23 ディープレッド[1]

    まぁ、仕事だもの。どの業種も偏見がらみの面倒事は当たり前だけど、太陽に愛でられた私らの世界でも、それはそれでイロイロございますな。

    私はあんまりそこらへんでは戦う意欲がないので、しばし訪れた秋桜に酔うて暮らすことに致し申す。暖簾に腕押し農家故、ごめんなすって。

    スポンサーサイト

    罪人


    季聞屋の小僧、お前を禁固刑に処する。

    私 『なんなりと。甘んじてお受け申す。』

    罪名 『百合殺し』



    えぇ、本当に。いっそのこと投獄してもらえた方が気が楽です。

    先日のこと。百合が調子よくて、朝にコーヒー飲みながらデレデレ眺めているといったことを書きましたが、その数日後に百合を焼き殺してしまいました。

    ここ最近朝晩が冷え込むようになってきたので、夏場はずっと開けっ放しだったハウスも、開け閉めをしてやっていたのですが、うっかり開け忘れてしまいまして。

    いえ、その日の朝も、恒例的にハウスで百合をながめてたんですが、ハウスに入った時間が早く、もう少し日が昇って温かくなってから開けてやるかと思い、ハウスを出た後、別の畑の仕事にかかり、締め切ったままのことを忘れ、それっきり昼まで・・・。締切のハウスは日中になるとサウナよろしく50度まで上がりまして・・・・。

    畑からハウスのある自宅に戻った正午過ぎには、時すでに遅く。近くを歩いていた方は私の叫び声を聞いたやもしれません。『もう何を楽しみに生きていけばいいの?』とかなんとか。

    ショックの具合にあわせて、マリーアントワネットもしくはブラックジャックの黒男くんのように、一晩で総白髪になってくれたらいくらか気がまぎれたかもしれないけど、数本増えた程度で自分の元気さに腹が立つ。


    おぉ、日がまた昇ることのやるせなさよ。ぁぁ、お百合殿・・・。


    あ、見えた見えた。出てきた出てきた。
      
    2012-10-23 オバティ3[1]

     2012-10-23 発蕾、オバティ[1]
    2012-10-23 オバティ2[2]

    朝、起き掛けに寝ぼけ眼でコーヒーを淹れ、家のすぐ裏にある百合の植わったハウスにもぞもぞと這ってゆく。

    百合の前にどっこら腰を下ろし、ぼんやり眺めながらズズズっとコーヒーをすする至福。小鳥がちゅんちゅん。朝日がまぶしい。

    あー、今日も良き一日でありま・・・

    母 『今日、プラゴミー!今日、プラゴミー!』
    (注:プラスチック類のごみの日だから、あんた出してこい、の意。しかも屋内からハウスに向かってシャウト)


    ・・・( ´(ェ)`|||)
    うん、良き一日はゴミ出しから。

    mon petit chou


    うん、今日もチリチリ。フリゼってる。


    2012-10-19 22.44.28[1]
     

    サボイにござる。今期は例年よりいくらかは順調のご様子。ふむ。



    各都道府県には農業振興向けの試験場がある。さまざまな条件に適した栽培技術の検討や新品種の育種、農家への技術指導なんかを行っている機関である。(雑な説明でごめんなさい。ほんとはもっといろんなことをやっておられると思うけど、私が関係するのはその辺までなので・・・。)

    父の代だと普及所と呼んでいたが、今ではなんちゃら農業技術センターというようなヨコモジの付いた呼び名に変わったよう。

    その技術センターだが、その試験研究結果をネットでも公開していて、私も時間の合間に時折チラチラ覗き見させてもらっている。うちのようなズボラ農家がすぐすぐ導入できるようなことは少ないけれど、こういう条件だと、こういう結果になるのね、へっへー。賢くなっちゃったよオイラ。くらいの用立てにはなっている。(・・・えぇ、無意味ですね。) あ、でも、割と時事ネタを踏んだ試験が多いので、覗きまわしていると野菜の動線が見える気もする。

    で、その研究結果をあちこち覗きまわしていたら、興味のあるものを発見。18年仙台市農業園芸センターのものである。

    「サボイキャベツの栽培技術」

    http://www.city.sendai.jp/business/d/__icsFiles/afieldfile/2010/07/08/seiseki18.pdf


    わぁ・・・。個人的にはものすごく嬉しいけど、対象狭すぎでは・・・。他に望まれる試験があったでしょうに・・・。

    前もって申し上げるが、試験場において、栽培の失敗はあってはならない。私たち農家とは違い、生産を目的としたものではなく、「研究」を意図したものであるため、栽培の段階でつまずくことは許されないのだ。

    だってごらんになってください、この株間の取り方を。キャベツの一大産地が30センチでしのぎを削ってやり繰りしているところを、超広々快適スペースの60センチ。まぁ、実際ありえない。これはドラム缶の五右衛門風呂と豪華ホテルの檜風呂くらいの差におわす。

    さぁ、ワクワクの試験結果ですが、

    試供品種『オームスカークリアガード』(フランスの固定種)

    播種日 6月17

    収穫日 1月10日 


    収穫率 29.3%

    一球重 703g

     
    ちょっ、ヽ(´Д`川)ノまじでー?
    (ここで笑ったのは農家だけかもしれないけど)

    総括

    「オームスカーク リアガード」は、球が小さく、未結球株も多くなりましたが、その原因は特定できませんでした」

    (●´ω`●)ゞ 試験場完敗 (●´ω`●)ゞ ひゃっはー! 考察、宙に丸投げ


    いやいや、でもね、試験内容自体に改善の余地は多いと思うけれど、固定種のサボイの良品率って、もうチョイ色を付けた程度止まりくらいなものでしょう。ものすんごくロスが多いんです。日本のキャベツ事情と並べて鑑みてしまうと全く持ってお話にならない。 作れないわけではないけれど、一個いくらで売りますかコレ・・・。と、畑でサボイ抱えて考え込んでしまうんです。

    今期、秀品6割超えなかったら、うちもハイブリットのサボイに乗り換えよう・・・。。 マスダか朝日の。種たっかいんだよね。。

    と、いう訳で、今期のサボイも心してお召し上がりくださいませ。 

    その一粒。



    べべんべん、三千世界の鴉を殺し、ぬしと朝寝がしてみたい
     2012-10-16 23.36.36[1]

    冬期直売に向け、8月より種を蒔く日々が続いている。 でも、長かったその種まきもそろそろ終盤戦。

    蒔かねばならない種。

    蒔いたほうがいい種。

    蒔かなくても支障は出ないけど、蒔いてみる価値がないとは言えない微妙な種。

    蒔けば蒔いた分だけ、しんどくなる、「自分でまいた種」。 でも、蒔かなければ始まらないのよね。 
     

    三千世界の鴉を殺し終えたら、眺めの良い所にある小奇麗なホテルに一人で泊まり、綺麗なシーツと柔らかな布団にくるまれ、一歩も外に出ず、うたた寝半分に小説を読むとでもなく読む、という自堕落なことがしてみたいです。 ヽ(;´Д`川)ノ 根暗発言ダメ

    2012-10-16 23.30.35[1] 2012-10-16 23.30.56[1]

    一陣の種まき群より抜粋

    毎年泣かされているキャベツさん。今季もよく泣かされましたよ。えぇ・・・。

    コロンとしたラブリーな丸キャロットはシチューにいれて一人でキャッキャ言って喜ぶ予定。黄人参は例年作ってるニンジン臭いやつ。香り控えめ、癖なく甘いという『金美』も考えたけど、私の思うニンジン『らしさ』の出所は香り。香味野菜としての人参。そう、子供が嫌いなタイプの人参です(笑

    ハミ子。


    2012-10-15 21.29.20[1] 


    ( ´_つ`) ん・・・?


     2012-10-15 21.29.50[1]


    あ、あの ヽ(;´Д`川)ノ どちら様で?


    懲りずにやってます、秋冬作のお百合様。その中に一株、明らかにハミ子となっている者が一名。斑入りのギボウシを思わせます。ウイルスを患っているのだろうけど、こんなにきれいな出方をするウイルス病って、めったにないんじゃないかしら。。


    与太話。

    先に挙げたFood  Com net の右端にある、週間アクセスランキングという項の3位に位置したエントリ『山崎パンはなぜカビないか』に出てくる、「それはあなたの台所がパン工場よりも汚いからだ」という下り。読んでて笑ってしまった。


    以前、家庭菜園をしているという方が話しかけてこられて、何度も哀れっぽく「農業ってたいへんですよねぇ」と繰り返すので、

    『私にあなたと同じ時間が与えられたら、あなたの10倍程度の量を、あなたが作るよりおいしく、かつ安全に、環境への負担の少ない方法で作れますよ。それが私の仕事ですから。なめんな。』と、申し上げたら激怒されたことを思い出した。

    常に自分基準の見直しを。冷静な懐疑心を。

    無意味純度100%

    あ、あの・・・。

    今更申し上げるのもなんなんですが、HPが廃止となりました。かれこれ半年くらい前に・・・。

    いえ、別にこれといった理由ではなく、無料のプロバイダーを使ってたのですが、それが廃止になったため、という単純なものでして。 一応は代用のHPを用意してあったんですが、すっかり忘れてました。うっかりはちべい。申しわけのすけ。下記URLになります。


    http://kibunya.jimdo.com/


    で、あらかじめ申し上げますが、残念なことに内容が前回のとまるっきし同じ.。硬直した動きのないHPのため、先にご覧になられた方は見る意味無用の産物です・・・。 

    そもそも、HPやブログの案内をマメに(?)していたのは作った当初の5年前だけでして、お客様の中での認識率は3%くらいなものでしょうか。加えて、『ブログのあなたは結構感じが悪い』というご指摘も多く、今後も普及活動はしない内向き路線を辿る予定です♪  
     
    見る意味はないけど、一応復活。

    これは例えて言うなら、胃潰瘍になってはいたものの、症状が初期で収まり気づかぬうちに自然と回復してた。あるいは、自分でも気づかぬうちにアバラ骨に若干ヒビが入ってたけど治っていた、ということが健康診断をうけた後でわかった、という喜ぶべきか否かの微妙なニュアンスと同じです。

    ほら、一応知っておくとね・・・。

    今回のHPもまた懲りずに無料のプロバイダー故、突如消える可能性もございますので、以降は「あぁ、あそこのHPは屋号よろしく、たびたび消えるからねぇ」と、さらっと受け流して頂けるのではないかと。

    あ、一点異なることは、細々とした農薬だの肥料の話は削りました。

    私たち直売農家は野菜を売るものとしては、スーパー様様に比べたらマイナーな部類であり後発者です。作る人ではあるけど、日影ものの部類です。その立場をわきまえ、私たちが前に出て売ろうとするときは、イチイチ農薬の使用やら、肥料はどんなだとか、説明する責任があるのやもしれません。

    と、思っていたのは5年前まで。

    そんなの実質的に無意味です。考えれば考えるほど無意味。そもそも初めからぶしつけに食って掛かってくる人にまで買ってもらおうなんて思わないですし。

    食べ物にまつわることには常に神話が付いて回ります。 私たちの分野では農薬と肥料ですかね。

    ちょいとすそ野を広げればこんなことが言えましょう。

    天然酵母のパン『だから』美味しいと言えましょうか。日本酒は純米『だから』美味しいでしょうか。世の名だたるドメーヌのワインは皆全てBIOでしょうか?

    そうではありますまい。 野菜もそれと同じこと。

    つまらん知識を振り回してあれこれ申し立てるのは、かえって野菜の本質を遠ざけてしまいかねないため、いっそのことと思って切りました。

    そもそも農薬や肥料の安全性なんてものを農家は説明してよい立場ではないのですよ。モラルのないゴミ屑のごとき輩はもんのすごい多いですけど。中立な立場でないと不公平でしょう。私たちが語れる範疇は、「環境への負担」というくらいなもの。 日本もイギリス並みに言葉の規制をひいたらいいのに。大手宅配のDは潰れますな。あれは酷い。

    小僧があれこれ言っていても意味がないので、わかりやすいリンクを張ってみます。

    http://www.foocom.net/fs/uneyama/2539/

    この記事はいつだか日経オンラインに掲載されたものですかね。過去のエントリではちらっとオーガニックパニックについて触れたような気もします。畝山さんにしては(?)ものすごく平易に書かれててとっつきやすい文です。

    でもま、こんなことはこのコアなブログをご覧になられている方には無用でしょうな。

    このエントリは綺麗なまでに終始無意味貫徹。


    ・・・にしても、あんまりにも素っ気ないHPで。ツイッターかフェイスブックでも張ろうかしら。

    獣がれ


    某書より抜粋。


    そうさ。酒なんて本当はそんなもんだよ。工業生産するようなモンでもねぇ。町のオヤジが作って軒先で売る程度のモンなんだ。どぶろくってのは、地域の人を楽しませる程度の役割で十分だ。

    でも、だからこそ、こんないい加減な酒でもちゃんと文化として根ざしてんのさ。




    悔しい。すんごく。

    引用した文の趣旨が、自分の口から生み出されなかったことが。

    もう (;△;) ウロコがボロっボロ。

    うちの野菜も、芍薬も、こんな風でありたい。

    こんな風でありたい。

    こんな風でありたい。

    念のために3度言ってみた。

    どぶろく的な花がいい。野菜がいい。あんたと俺との間柄の花であり、野菜だ。

    極々小さな領域の、極々限られた人のために作るのだ。

    私は嫌である。断固拒否する。関わりたくないのである。差別化だの、付加価値だの、クっソ下らないこと申し立てる輩とは。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。