スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    野菜 再構築

    アシベ君、顔色悪いけど大丈夫?。洋ナシ型のトマトは yellow pearの図。

    yellow pear 0518


    市場への野菜の入荷量が減っているそうだ。野菜ブームに載せられて、ネットを介した産直や直売が相当な伸びを見せていることからだという。

    それらの販売形態で耳目を集める言葉に減農薬・無農薬、有機といったキーワードがある。実際に、これらの「言葉」を売りにする農家・企業というのは相当数ある。某大手の野菜配達業者は他を貶めるような物言いで安全性を売りものにして憚らない。

    恥ずべきことと思う。
    多少なりと栽培の良識のあるものならば、「無農薬だから安全」とか、「有機だから美味しい」といったことは言えないはずである。

    一昨年のこと。英国でオーガニックパニックと後に名付けられた騒動が起き、議論を呼んだ。英国食品基準庁が有機栽培の農産物と慣行栽培の農産物との間には、健康影響や栄養価の差異は認められないと発表したことからによるものである。この騒動は英国のみならずヨーロッパ各国へと飛び火して世を沸かせた。

    栽培に携わるものとしては、「そりゃそうだ」としか言いようがない程有り触れた認識なのだが、購入する側の人と科学的根拠の間にはかなりの隔絶がある。

    といっても、この動向はよくある話で、一旦は盛り上がるものの、じきに鎮静化してしまうのだ。以前にも似たような公式見解は何度も出ている。農家としてはあぁ、またかといったところなのである。実際のところ、みんなそんなに興味がないのだと思う。

    規定値内の残留農薬が「人体へのリスクとなりうるか」を論点とすればそのリスクは皆無である。この見解は無論日本でも精査を受けて発表されている。農産物を商う者は、そのことを踏まえれば、「どちらがより安全」などと、勝手な優劣を付ける立場にはない。慣行栽培により作られたもの、減農薬・無農薬のもの、いづれも等しく安全なものである。それ以上を、以下を設けることは私達の仕事の範疇ではない。そもそも不安を煽り、そこにつけ込んでものを売る倫理がまかり通っていいはずがない。

    また、農家であれば肥料が有機か無機かといった「質」が良味に影響を与えるのではないということは誰もが知るところのはずである。

    肥料をあまり必要としないサツマイモを「有機質肥料たっぷり」で育てて美味しいと主張できる農家はよもやいまい。
    真夏に収穫された有機栽培のホウレンソウと、ロゼット状になるまで葉を広げた冬の寒締めホウレンソウとの比較を肥料の質をもって論じることが出来ようか。ブルームレスとブルームキュウリとの違いを有機であれば覆せるだろうか。

    美味しさを形作る要素は一筋縄ではないのだ。何となく耳触りのいい一語で伏される程、野菜作りを薄い仕事とは思わない。

    だが、そういった栽培技術を販売に際して滔々と語るのはいささか野暮なことと思う。知らない人を煙に巻くだけなんだから。製品の工程より結果を話した方が親切。

    結局のところ、

    青果の購入に際しては、あなたの嗜好とその野菜の鮮度・食味、価格といったごく当然の比較肢から勘案して野菜を選ばれるのが健全と思う。還るべきところは、その「価格に対する品質」といったシンプルな話でいいと思うのだが、如何だろうか。環境への負荷を意識した栽培方法は、現代に農業営む私たちに課せられた責務である。だが、それは声を荒げることなく粛々と行われるべき当然のこと。

    農産物の魅力を安全や環境負荷で語るのは筋違いなのよ。


    名脇役。矢車草。こぼれ種で増えて、栽培している花畑ならず、季聞屋のあちこちの畑で顔をのぞかせる。滋味な風情で好き。なんか気分が落ち着く。

    0530矢車草 
    スポンサーサイト

    song by スガシカオ

    僕らは位置について、横一列でスタートを切った~。

    躓いてるあいつのことを見て~♪

    0524栗カボチャ    ・・・君らはしめしめとか思わず順調に育って下さい。でも、カボチャを見てるとつい浮かんじゃうフレーズなんだよね。

    花酔いから覚める頃

    tomato fiolentino の図。君ら、おっきくなったらさぞ迫力あるだろうねぇ…。

    fiorentino 0518

    芍薬の販売が終わって気分的には一段落着いたところなんですが、実際には夏野菜の仕事がごっそり溜まっていて、これからのことを考えると目に涙が浮かびます。

    涙・涙・ときどき薄ら笑い(by町田康

    花酔

    当園で栽培し、販売する芍薬の品種数は50種程度である。だが、国内にはもっと多くの芍薬が存在する。100種は優に超えるだろうと思う。国内にとどまらず、世界に目を広げればさらに膨大な数となる。ヨーロッパ諸国・中国・アメリカでも芍薬は季節を告げる花として固有の地位を占めている。豊かな品種群を連ねる花だ。当園の芍薬はその内のほんの一部でしかない。

    すそ野の広い芍薬だが、国内で流通する芍薬の品種数は実際のところ数少ない。ごくごく限られた品種のみが「芍薬」として定着してしまっている。何故だろう。

    ご存じの通り、芍薬は年に一度の花である。作目を変えれば年に3度は花を切れるところを芍薬は一度きり。畑の回転率は低い。苗代は他の花と比べ非常に弾むものだし、その苗から採花に至るまでには成長のごくごく早いものでも2年はかかる。大抵の農家がピーピー喘いでいるのにお金になるのは最も早くて2年後…。花時には春の大風にあおられて花首が曲がり出荷できないというケースも良くある。

    切花経営における芍薬の悪点を突けば、こと限りなく湧いてくる。花が売れない時代である。料理・洋裁と並んで生け花が「嗜み」とされていたのはもう随分と昔のこと。切り花の生産量自体が減少の一途を辿っている。輸入ものの切り花が増え、花全体の価格を押し下げる。若い世代の「花離れ」も著しい。

    バブルに沸いた時代ではないし、リスクにコストが見合わない。芍薬は経営の魅力に乏しい花なのだ。敢えて芍薬を…という農家は多くない。芍薬に取り組む農家のスタンスの多くは、芍薬以外に主軸となる作物があり、その作物で経営の目安がついていて、なおかつ、労力的にも、畑の面積的にも余力があるから少し作ろうか…、というケースが多い。

    その背景から栽培される品種とは、「苗代が安く、株の増殖が早く、育てやすく、高収量を得られる品種」である。すると、必然的に品種は絞られてくる。

    だが、採算の中に埋もれてしまうには惜しい品種が数多くある。この花の持つ豊かさを留めたいと思う。以前のエントリでも触れたが、農作物は自然のものではない。人の手により育まれてきた文化を帯びたものである。芍薬もまた然り。この花を語るに、「皐月」や「サラベル」、「滝の装い」といった僅かな数種をもって語ることは片手に落ちる。豊かな品種群をもって、語られるべきものと思う。

    多くの人に支えられ、今季もそんな取り組みを続けることが出来ました。 

    当園の取り組みを支えてくださった多くのお客様方、販売を手伝ってくれた母の友人、この花を世に産んだ育種家、巡る四季に心から感謝を。来季も頑張ります。ありがとうございました。



    来季より本格採花の予定。「秀酔」

    0518秀酔 

     Thanks !

    0518 芍薬畑

    1日より始めた芍薬の切り花直売ですが、そろそろ終了とさせていただこうと思います。ここ数日のけっこうな陽気で晩生の品種は開花が前倒しになり、品種数も採花できる本数もだいぶ限られてきました。メインHPでの告知通り、今日あたりで〆かなと。一応、20日過ぎまでは直売所の開園を致しますが、ちょっと寂しい店頭模様かと思います。

    取り急ぎ、ご連絡まで。




    晩成種

    上段右 鎌倉紅 左 サラ・ベルナール
    下段右 滝の装い 左 夕映え

    他、レッドバロン、谷の雪、谷の誉、晩鐘、辺りは少し切れるかなぁ。

    サラベル鎌倉紅0517夕映え 0518滝の装い 

    フェスティバ・マキシマ

    芍薬の白系品種のなかでは個人的に最も好きな品種。フェスティバ・マキシマ

    フェスティバ・マキシマ

    株の充実が非常に遅く、若苗から一人前の切り花となるにはかなりの年月を要する部類。太りづらいうえに芽の数も少ないときていて、他の白系品種と比べると扱いにくい。

    作出されて100数十年という大昔からある品種だけど、この白の輝きは褪せずして、作り手を魅了し続けている。私の中で「立てば芍薬」を思う花はこのマキシマだ。

    花弁数はそう多くはない。同じ白なら「ホワイトアイボリー」や「ブライダルアイス」、「ミスアメリカ」の方が花弁数は多い。それでもなお、この花が大きく魅せて映るのは、ふんわりとした柔らかな空気感のある咲き方を持ってである。大きく魅せるのは花弁の数ではないと、軽く翻してくれる。

    さて、4日に渡り切り続けてきたこのマキシマですが、ぼちぼち切り納めとなります。今日で最後かな。みじかな逢瀬。もっと見ていたかった…。ありがとう。また来年!

    猿島小菊

    日本カボチャは「猿島小菊」の図。やっとこさ植えられました。

    猿島小菊


    野菜の直売をするにあたって、ご連絡先を賜わったお客様へはFAXで案内状を送らせていただいている。その案内状にはご挨拶に代えてエッセイ風の文を添えている。去年の夏は日本カボチャについて触れたものでした。→こちら

    さて、その日本カボチャですが、売れ行きといえばトホホな塩梅でした。そもそも、カボチャは味色形それぞれ異なる特質のもの7品種を用いて望みましたが、お客様方皆さま口をそろえたように「甘くてホクホクのはどれ?」とお聴きになられるのですもん。栗カボチャ系統のものを申し上げるしかないじゃないですか…。

    が、お一人おられました。このカボチャを懐かしんでくださるお客様が。

    「懐かしいわねー。よく食べたわ。きちんとお出汁を取って頂くわね」と。

    この子はその方に向けた超ピンポイントでの作付。ロック★オンです。




    セルフィーユ同様、事あるごと私についばまれているナスタチウムのアラスカ種。びしっときめたナイスな辛み。斑入りの模様もいいじゃない。もうちょっと大きくなったらクラブハウスサンドにドッサリ入れよう。

    ナスタチウム アラスカ

    君に花を

    野菜でお世話になっている和食屋さんに花を届けに伺った。女将が花好きなのだ。お店に活けてもらえたら嬉しい。ここ暫く、ずさんな食事が続いていたので心ある料理も口にしたかった。

    あれも、これもと入れていたら両手で、「どっこらせ」という量にまで膨らんだ。文字通り、両手に花である。

    芍薬の花束


    こりゃー立派だわ。と、自分で呟く。ラッピングはベージュブラウンの包装紙、リボンはダークブルー。カッコよくできた。ホントは直売の時もこんな風にしてあげたいんだけどそんなに時間は取れないのよね…。ごめんなさい。

    さて、これを抱えて歩くには、この花にふさわしい装いでなければ…。

    と、言う訳で、本日のチョイスはタキシード。あ、いや、昔趣味で洋服作りをしていたことがあって、その時に作った自作のもの。ピークドラペルのシルクサテンがピカピカのジャケットを羽おる。飽き足らずに胸のポケットに矢車草とかすみ草で作ったコサージュを差す。

    の矢車コサージュ


    これでハイヤーが迎えに来れば完璧なんだけど、そんなものが来るはずもなく、公共交通を使用。

    いやー。街ゆく人の目が熱かった。それを涼やかに流して見せる。ここで照れちゃ駄目である。

    見知らぬ女子高生から「頑張ってください」と、エールを頂く。

    いえ、単なる切花農家です…。

    人に花を贈る行為は、その花を貰う人と同じくらい元気をもらえる。

    日頃、汗と土と涙にまみれた日々を送っている。花のある時期くらい、足取り軽く街を歩こうじゃないか。

    晴耕夜耕

    20時からの耕耘開始。ピカーンな図 

    夜間耕耘

    あ、いや、良く野菜をお求め頂くお客様と畑でお会いして、「最近野菜のネタがないじゃない!」とお叱りを受けたのだけど、野菜がらみの写真が見当たらず、一応関連のある写真を…と思いまして。ズッキーニ予定地の耕耘作業です。

    今時分の季聞屋は切花農家である。芍薬という花を栽培し、切り花の販売をしている。でも、夏になると野菜農家になる(今季は多少花もあるけど)。面倒なので、いっそのこと季節農家って名乗ろうかとも思う。

    でも、この変わり身は中々しんどいものがある。野菜は今が一番大事な植え付け時。芍薬は今が収穫まっ盛り。この二つの両立は難しい。でも成り立たせねばならない。

    で、どうしても仕事が夜中まで伸びるのですね。

    私はいい。若いから。でも、父と母はしんどかろう。

    だれか一人雇えたらと思う。でも、恥ずかしながら当園の農産物の収入から人件費まで算出するのはちょっと難しい。そもそも日本の農業って、時間給なんて考えは皆無で、とーちゃんかーちゃん、ジーさんバーさんまで含めて、日々サービス残業をごっそりして、どーにかやっと生活が成り立つ『かもしれない』、という水準である。あ、いや、全体的にいえば、それですら成り立っていないから、農家が減ってるのか。横浜の農家は不動産で暮らしてる人も多いけど、当園にはそんな立派なものは一つもないし。畑で食わねばなりません。

    そもそも、野菜と切り花の栽培知識と技術と経験があって、農機が扱えて、料理が出来て、接客と販売をこなせる元気な人、そんな求人を出しても無理だろな…。

    うーん。どこかで新しい流れを汲まなければいけないのだけど。

    早生咲きは切り納め

    過ぎゆく花。早生系統は切り納め。ありがとう。名残り惜しいけど、また、来年会えるよね。巡り来たるこの花々に感謝

    上段右 初桜     左 暁
    中段右 ポーラフェィ 左 コーラルニューゴールド
    下段右 シザレア   左 アメリカ

    暁 0508 初桜 0508
    コーラルニューゴールド 0508ポーラフェィ 
    5058ラタンドレス  0508シザレア

    今日からぼちぼち白系統が増えます。明日辺りから赤、白、ボタン色、ピンク、コーラル系が揃って、豊かな花どきを迎えます。

    ネット経由での販売についてお問い合わせいただいた方々へ。

    ネット経由での販売についてお問い合わせいただいた方々へ。

    当園は店頭での販売のみとさせていただいております。申し訳ございませんが、その他の販売方法によるご注文は賜ってはおりません。悪しからずご了承いただけますよう、お願いを申しあげます。

    ため息を漏らす深紅

    芍薬は「ダイアナ」の図。

    ダイアナ

    シルクベルベットの光彩を放つ花弁は深紅。芍薬の中では最も華やかと謳われた万重咲き。クイーンの称号を拝するに相応しきデコラティブな一花。

    この品種を待ち望んでおられたお客様がおられます。その方は直売初日からソワソワモード。

    1日目「いや、まだなのはわかってるんだけどさ、一応ね」

    2日目「いつ頃になるかね。待たせるねぇ、あの花は」←(いや、まだ始めて2日目なんですけど…。) 

    3日目「そろそろだろう?」

    4日目「ホントは切れてるんじゃないの?」


    4日目には疑心を抱かれたようです 笑


    本日、少量ですが初採花となりました。

    足をお運び頂くことこと5日目にして、ようやくその方の手に落ちたダイアナでした。


    良かった。恨まれなくて…。


    さて、このダイアナですが、この品種も大きな癖があって歩留まりの多い品種です。この場合は茎が蛇のようにヘナヘナと波をうってしまう異常茎がかなりの高確率で発生します。商品として店頭にお出しできるものは全体の2割弱でしょうか。

    作り手をこっぴどく虐げる女王様です・・・。明日から2~3日は細々と採花の予定。


    一方、こちらは和芍薬。

    和芍薬


    ダイアナを見た後で和芍薬を見るとどこかホッとします。なんというか、じんわりと響くんだ。このボタン系の色合い。取り立てて人目をひくものではないけれど、すっと心に染み入る色合いで私は好きです。ダイアナは作り手として見ていると少し気疲れしちゃうんだよね…。

    なお、白系の品種はあと2~3日後から少しずつ切り始められるかなと思ってます。




    「セルフィーユ」に一言。

    「美食家のパセリ」なんておだてられて、いい気になってるから皿の上に一枚きりしか乗せて貰えないんだよ、あんたは

    セルフィーユ

    ハウス内にて育苗中のセルフィーユですが、私にブツクサ言われながら苗物への水やりの際にいつもいつもついばまれています。彩のアクセント程度にしか扱われないセルフィーユですが、あれはもっと「もっさり」と食べられて然るべきものと思います。

    ジャガイモが掘れたらドッサリと入れてガレットを作ろう。合わせるジャガイモはアンデスレッドかキタアカリ、シンシア辺りかな…。

    今日の芍薬ですが…。

    AM4時時点での気温は11℃。

    うーん。困ったな。これじゃ蕾が緩んでくれそうにない。いつもだとこの時期14~15℃あるんですが…。今日からまた季聞屋稼業が始まりますが、本日の採花本数は少なめと思います。もう1~2日遅らせればよかった。ごめんなさい。

    4.30ピンクハワイアン

    写真は昨日のピンクハワイアンコーラルです。一本だけ早めに咲いたのがあったのでパチリ。暗ぁく写ってますがもっと晴れやかなピンクです。カップ咲きの品種って、開いてくる時の、あの「モフモフ」とした感じが非常に好き。




    畑が乾かず耕耘出来ないため、面倒なことにカップに播いた黄さやいんげんが出芽。豆類の芽が出たての頃の姿はちょっと気味悪い…。

    黄さやいんげん

    inngenn.jpg

    熟すと黄色になる品種です。緑のものと比べると収穫に至るまでかなーり時間を要する品種ですが、その分、油脂含量が多く、ねっちりとした歯触りが美味。

    「黄色くて古そう」とか言わないでね…。


    さて、出畑っ。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。